帯状疱疹の予防ワクチン、シングリックスについて

帯状疱疹の予防ワクチン、シングリックスについて

日本人成人の90%以上に、帯状疱疹の原因となるウイルスが体内に潜んでいて、
80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。
子供の時に感染した水疱瘡のウイルスが原因で、治った後もウイルスは体内(神経節)に潜伏しているのです。
疲労やストレスが加わると免疫が低下して皮膚や神経に炎症を起こすと言われています。
抗ウイルス薬が開発されていて効果は望めますが、治った後も痛みを残す場合があるんです。
これを帯状疱疹後神経痛(PNH)と呼びますが何年も刺すような痛み、焼けるような痛みで苦しむ場合もあるんです。
なんと50歳以上で帯状疱疹を発症した人の20パーセントがPHNになると言われています。
高齢者ではさらにリスクが高く、つらいつらいPHNを防ぐためにも予防が大切なんです。
実は帯状疱疹の予防に使えるワクチンが二種類出ています。

「ビケン製の生ワクチン」と「シングリックス」です。

「ビケン」製の帯状疱疹ワクチンは、弱毒化された生きたウイルスで(生ワクチン)、小児に使用する水痘ワクチンです。もちろん、帯状疱疹予防としても効果を発揮します。一方、「シングリックス」は帯状疱疹を予防するためにグラクソスミスクラインが開発したワクチンで、生ワクチンではありません。

費用)
「ビケン製の生ワクチン」8,000円(税込み)
「シングリックス」22,000円(税込み)を二回

帯状疱疹の予防ワクチン、シングリックスについて
院長コラムアイコン
診療時間 日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制となっております。必ず事前にご連絡の上、ご来院下さい。

Copyright© 2017-2020 カワバタクリニック
ALL RIGHTS RESERVED
当日施術OK