星状神経節ブロック療法

Medical Content

現在、主に行なわれているブロックは20種類程度ありますが、
星状神経節ブロックは、もっとも頻繁に行なわれる神経ブロックです。

 

星状神経節ブロックとは

星状神経節ブロックは、交感神経ブロックの一種で、ペインクリニックで最も多く用いられる神経ブロック法です。どうして痛みを鎮めるのに効くのかといえば、1つは、痛みの伝導路を遮断してしまうからです。三叉神経痛(顔面に発作的な痛みを感じる神経痛)であれガン性の疼痛であれ、その痛みの伝わる道をブロックして、痛みが中枢へ通じないようにしてしまうのです。もう1つは、痛みの悪循環を断ち切る作用をします。神経ブロックの特徴は、効果がすぐにはっきりと現れることです。2週間もやってみなければ結果がわからないというような方法、薬物をだらだら使うような方法ではないということです。しかし、星状神経節プロックだけはときに治療回数を多く必要とし、より特有の効果を発揮します。また、それに使用する器具もそれほど高価なものではなく、医療費が高くならず大きな効果が上げられるという、 いわゆる「費用対効果」の効率がすぐれているのも神経ブロック法の特徴です。

麻酔、注射

check

どうしてそんな不思議ともいえる治療効果が得られるのかといえば、これは星状神経節ブロックが、自律神経系の中枢である視床下部に影響を及ぼし、全身的に交感神経の緊張を緩和するからです。

副作用が全くない画期的な治療法

point

具体的な病気の例をあげると、高血圧の人に星状神経節ブロック療法を繰り返していると、次第にに正常域まで血圧が下がってきます。そこでさらに治療を続けていると、血圧が下がりすぎて低血圧になるかというと、そんなことはありません。正常血圧に落ち着いて変動しなくなります。一方、低血圧の人に星状神経節ブロック療法を繰り返していると、次第に血圧が上がって正常になり、さらに続けても高血圧になるようなことはありません。これがこの治療法の際だった特徴の一つで、つまり、治療のいきすぎで症状がかえって悪化するとか、副作用が出るというようなことはいっさいありません。どうしてかというと、これは体内に生じたいろいろな機能のアンバランスをもとの状態に復元しようとする作用、「ホメオスタシス」(生体の恒常性維持)の機能を賦活する治療法だからです。

星状神経節ブロックは、その視床下部に作用して自律神経系、内分泌系、免疫系の歪みを正し、ホメオスタシスを回復させる。体の部分的な修理ではなく、全体的な完全修理をする。全身まるごと療法ですから、さまざまな病気や症状が同時に治ってきて、症状が悪化することがないし、副作用が起こるということがないのです。

自律神経系、内分泌系、免疫系

よくある質問

どんなときに診療すればいいですか?

星状神経節ブロッで扱う疾患とは下記のページをご参照ください。
※様々な適応症

星状神経節ブロックは痛くないの?

注射ですので少し痛いですが、細い針で行うため強い痛みではありません。
採血や筋肉注射よりは痛くなく、個人差によりますが、思ったほど痛くなかったというお声が大半です。

星状神経節ブロックは危険ではないですか?

副作用が全くない画期的な治療法です。詳しくは下記ページをご参照下さい。
※治療効果・副作用について

どのくらいのペースで通院したらよいですか?

症状にもよって通院ペースが変わりますが、大体1週間程度に1回ペースでご来院下さい。

特に効果のある疾患

disease

星状神経節ブロック療法が特によく効く病気には、次のようなものがあります。

check

帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹(帯状ヘルペス)は、過去に感染して、治った後も体に潜伏していた水疱瘡のウイルスが、発熱、過労、ストレス、強い紫外線、体の免疫低下などが引き金となって活動を始めたもので、神経節から末梢神経に沿って発症します。軽症の場合は薄いシミが残る程度ですが、重症例であったり、高齢者に発症すると、非常につらい難治性の神経痛が後遺症として残ることがあります。急性期の治療が重要ですのでできるだけ早期に、星状神経節ブロック療法を積極的に行うことをおすすめします。

check

頭痛

頭痛はだれもが日常よく経験する症状で、大部分はカゼなどに伴う心配のいらないすぐに治るものですが、星状神経節ブロック療法が対象とする頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などです。このうち片頭痛と緊張型頭痛は星状神経節ブロック療法でよく治ります。ただ、長年の持病なので薬を常用している人が多く、薬からの脱却が問題の1つです。群発頭痛は星状神経節ブロック療法で効果が上がるものと、なかなか効果の上がらないものがあります。

check

肩関節周囲炎

いわゆる四十肩、五十肩で、肩の痛みと運動制限を主訴とします。肩関節周囲の筋肉と骨とを結びつける丈夫なすじや、関節を滑らかに動かすための袋の慢性炎症が主体になっています。運動時痛だけでなく安静時にも痛み、夜間痛が強いのが特徴です。治療は、肩そのもののブロックや注射も考えられますが、基本は星状神経節ブロック療法がより効果的と考えています。

check

ぎっくり腰

物を持ち上げようとしたとき、腰を不用意にひねったときなど、突然起こる腰痛です。椎間板ヘルニアなど多くの原因があげられていますが、ストレス刺激による交感神経過緊張がひき起こす例が多いと考えられています。治療は、これまで硬膜外ブロックや椎間関節ブロックを行うことが多いですが、最近は星状神経節ブロック療法がより効果的と考えています。

check

椎間板ヘルニア

近年、椎間板ヘルニアの痛みが、脱出した髄核の機械的圧迫だけでなく、周辺の靭帯の炎症によっても起こることがわかり、また、ヘルニアの自然吸収があることもわかってきました。頚椎、胸椎、腰椎、どの部位に発生した椎間板ヘルニアであれ、まず星状神経節ブロック療法を行えば、ヘルニア周辺の細い血管の血流が妨げられた状態が改善されて、痛み、麻痺、炎症が緩和されます。

check

変形性膝関節症

中年以降の女性に多く、ひざの痛み、動きの制限、水がたまるなどの症状が主な特徴的です。現代医学は鎮痛薬、太ももの筋力を強くする運動などを勧めていますが、思うような効果は上がりません。水症には関節穿刺と薬液注入を行われることがありますが、行わないほうがいいのです。ひざ痛に対しても水症に対しても星状神経節ブロック療法を丹念にくり返すことで効果があります。

効果のある疾患

disease

星状神経節ブロック療法がよく効く病気には、次のようなものがあります。

check

かぜ

星状神経節プロック療法を30回以上行うと、かぜを全くひかないか、ひいてもごく軽くてすんだ、という人が圧倒的に多いです。ほかの病気の治療中の副効果としてかぜをひかなくなったことに気づいたのです。星状神経節プロック療法をくり返したことで免疫系が強化されたからと考えられます。かぜをひいて熱が38、9度もあるというようなとき、星状神経節プロック療法をやると、熱が下がり、かぜが治ってきます。それは、体の自然治癒力を高めるからです。

check

扁桃炎

かぜをよくひく人は一扁桃炎も起こしやすいです。一扁桃は細菌などに対する抗体をつくる免疫機能を営んでいて、体の防御機構として重要な器官で安易に切除するのは考 えものです。扁桃がとても重要な免疫の器官であるというのは、医学的に認められている事実です。星状神経節プロックを丹念にくり返すと、扁桃炎が起こらなくなり、病巣感染症も防げるし、体の免疫機能もより正常に導くことができます。

check

口内炎

口内炎の症状は実にさまざまですが、口の粘膜の比較的広い範囲に生じた炎症を口内炎と総称しています。原因もまたさまざまで口の中に原因があって起こる場合と、 全身的な病気の症状として口内炎が起こる場合とがあります。口内炎には交感神経の過緊張がからんでいることが推測できます。それは星状神経節ブロック療法で急速に軽快して、再発しなくなった症例が数多く確認されているからです。

check

乗り物酔い

乗り物酔いは、専門的には「動揺病」とも「加速度病」ともいわれます。NASAでは、宇宙飛行士の乗り物酔い対策を熱心に研究していますが、副交感神経の緊張が乗り物酔いの主な原因だろうといっています。自律神経の乱れが乗り物酔いに深くからんでいると考えられます。別の病気の治療で星状神経節ブロックを行っているうちに乗り物酔いをしなくなったという例は数多くあります。

check

いびき・歯ぎしリ

いびきをかく病気の代表は、睡眠時無呼吸症候群で、鼻炎やアデノイド、上気道の病気や、糖尿病、心臓病、高血圧といった病気でもよくいびきをかきます。そうした病気でなくても、体の不調やストレス、疲労、酒の飲み過ぎなどで気道の働きがうまくコントロールできなくなると、いびきをかきます。星状神経節ブロック療法を受けるようになってから、いびきをかかなくなったという患者さんが何人もいます。

check

水虫

水虫の正体はカビの一種です。現在、いくつかよく効く水虫の薬もできていますが、しかし、水虫を根治するのはほとんど至難の技といえます。星状神経節のブロックを何回か行うと、やがて水虫が治ってきます。それは体に現れていた交感神経の過緊張が緩和されるからです。そして、血液循環がよくなり、発汗がおさえられると自癬菌の繁殖に適さなくなり、水虫が治ります。

その他の効果のある疾患

check

メニエール病

良性発作性頭位めまい

夜尿症

神経性頻尿

インポテンス

過敏性腸症候群

月経前緊張症、月経痛

肩こり

ダンピング症候群

その他多数

効果のある難病

disease

すでにいちおうの治療法は確立されているが、星状神経節ブロック療法のほうが
より治療効果が高く、根治例が多いという病気です。

check

顔面神経麻痺

顔面神経が麻痺して顔の筋肉がうよく動かせなくなる顔面神経麻痺はいろいろな原因によって起こりますが、原因のわからないものも多くあります。原因のわからないものも、わかっているものも、結局は顔面神経に栄養を与える末梢血管が収縮したための現象と考えられます。顔面神経麻痺はもともと星状神経節ブロック療法の適応症の一つであり、治る例が多いです。それは末梢の血行が改善されるからだと考えられます。

check

網膜血管閉塞症

ある朝起きてみたら眼の視野が欠損していたり、見えなくなっていたりするもので、ほとんどの場合、片方の眼だけに起こります。血管がけいれんし収縮するのが原因になっているものが多くて、それには星状神経節プロックが非常に効果的です。ただ、血液の流れが止まった網膜は短時間に障害されるので、なるべく早くこの治療を始める必要があります。24時間以内に開始するのがいいでしょう。

check

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

昔は子どもにとでも多く、このごろは数はへったが、治りにくいものがふえているといわれます。これの最もいい治療法は星状神経節ブロック療法です。アレルギー性鼻炎の人の半分くらいは蓄膿症を合併しています。また、蓄膿症が重症になると鼻茸(鼻ポリープ)ができてきます。鼻茸は手術をしても再発しやすいといわれていますが、星状神経節ブロック療法では、鼻茸の病態がアレルギー型であれ、非アレルギーであれ、きわめて効果的で、治ったあと再発しません。

check

突発性難聴

ある日突然、難聴が起こる原因不明の病気です。原因不明といわれていますが、ストレス刺激などによる交感神経の過緊張によって、関係する末梢血管が攣縮し、血行が悪くなり、発症すると考えられます。いくつかの治療法が開発されていますが、星状神経節プロック療法はその最も適切な1つといってよいでしょう。発症後1週間以内、遅くとも10日以内に治療を始めれば治りやすいことがわかっています。

check

嗅覚障害

これにはにおいを感じないものと、逆ににおいに過敏になるものの2つのタイプがあります。呼吸性障害や嗅粘膜性障害は、原因である鼻の病気の治療をします。嗅細胞や脳の中枢に障害があるときはステロイド剤を服用したり、嗅粘膜に滴下したりします。しかし、ステロイド剤の治療には副作用がつきまといます。星状神経節ブロック療法の適応症の1つで、軽快する例が多いです。

check

不妊症

顔面神経麻痺や自律神経失調症の治療で星状神経節ブロック療法を重ねていたら、子宝に恵まれたという例があります。現在は、不妊症となればすぐ妊娠誘発剤などの手を打ちますが、その前にもっと自然に妊娠することを考えるべきです。女性でも男性でも不妊に悩んでいる方は多いですが、星状神経節ブロック療法で恒常性維持を正せば、妊娠する例が多いです。

その他の効果のある難病

check

上肢血行障害

外傷性頸部症候群

胸郭出口症候群

心筋梗塞、心筋症

脳梗塞(脳血栓症)

潰瘍性大腸炎

便通異常

痔核(いぼ痔)

多汗症

その他多数

料金について

price

ペインクリニックは痛みに関しては保険適応なので、最高で3割負担です。
ただ星状神経節ブロック療法で、痛み以外に関しては自費となります。

自費の場合初診時再診時
星状神経節ブロック療法6,280円4,220円
診療時間日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制となっております。必ず事前にご連絡の上、ご来院下さい。