ペインクリニック

Medical Content

ペインクリニックとは

ペインクリニックは、英語の痛みを意味するペイン(pain)と治療や診療を意味するクリニック(clinic)とを合わせて作られた痛み治療を専門にする診療科目で、系統的には麻酔科に属しています。麻酔科医が行う麻酔はは手術室で行われるため、一般の方にはなじみが薄いものですが麻酔科医の持っている知識を一般の方にも利用してもらおうと考えられたのが、ベインクリニックです。

ペインクリニックでは、痛みをとる治療として、神経ブロックという特殊な注射を主として行なっています。神経ブロックとは、痛みの原因となっている神経に直接、あるいはその付近に、注射針または神経ブロック専用の針を挿入して、局所麻酔薬を注入し、痛みの信号が脳へいくことを遮断(ブロック)する方法をいいます

ペインクリニック

check

薬は局所麻酔薬を使います。これは歯医者さんで歯を削るときや、ケガをした時、外科などで縫ったりする前に使う痛み止めです。局所麻酔薬で神経の流れる信号をブロックするわけですから、痛みは脳で感じなくなります。つまり、痛みはゼロになるわけです。

しかし、薬が切れたら痛みは戻ってくるのでは ... ? しかし

point

実は、神経ブロックを行なうと、局所麻酔薬が切れても元のような痛みは戻ってこないことが多いのです。なぜかというと、痛みのあるところは、炎症が起きていたり、交感神経が緊張したりしていることが多く、そのために血管が収縮して血液の流れが悪くなり、筋肉も固くなります。血液循環が悪いと、痛みを発生させる物質がつくられ、痛みがさらに増強します。それによって、さらに痛みが増して、痛みの悪循環を引き起こしてしまうのです

たとえば、ぎっくり腰を起こすと、腰の筋肉や骨が炎症を起こし、交感神経が緊張して血液循環が悪くなり、筋肉も硬くなったり、知覚神経も過敏になったりします。この状態で神経ブロックの注射をすると、痛みを伝える神経回路が遮断されるので、まずその場で痛みを感じなくなります。同時に交感神経にも作用するので、交感神経の緊張を鎮め、血液循環が促進され、それによって炎症が取れ、筋肉が柔らかくなります。そのため、麻酔が切れても、痛みが戻ってくることは少ないのです。もちろん、完全に痛みをなくすには繰り返し行なう必要はありますが、2~3回の治療で、神経ブロックがいまの痛みにどの程度効果があるかがわかります。その加減を調節しながら治療を重ねれば、薄皮を剥がすように痛みがなくなっていきます。

腰痛、ぎっくり腰

痛み治療の神経ブロック療法

主な神経ブロックとその適応症

check

知覚神経ブロック

三叉神経ブロツク三叉神経痛
舌咽神経ブロツク舌咽神経痛
後頭神経ブロツク後頭神経痛・筋緊張性頭痛
頸神経叢ブロツク首、肩、腕の痛み
肩甲上神経ブロツク肩関節の痛み
肋間神経ブロック肋間神経痛
脊髄神経ブロック神経根症による痛み
外側大腿皮神経ブロック大腿神経痛

check

交感神経ブロック

胸部交感神経節ブロツク上肢循環障害・上肢CRPS・帯状疱疹後神経痛(胸部)
腰部交感神経節ブロツク下肢循環障害・下肢CRPS
腹腔神経叢(内臓神経)ブロック上腹部内臓痛(特にガン性疼痛)
顔面神経ブロツク顔面けいれん
副神経ブロツク肩こり・筋緊張性頭痛・筋性斜頸

check

脊髄神経のブロック

硬膜外ブロック脊髄神経領域の痛み・循環障害・術後疼痛、
椎間板ヘルニアの痛み、各種腰痛症
くも膜下ブロック脊髄神経領域の痛み・ガン性疼痛

check

その他の神経ブロック

椎間関節ブロック脊椎椎間関節由来の痛み
関節内注射変形性関節症などの痛み
トリガーポイント注射筋・筋膜性疼痛・肩こり・ねんざなど
診療時間日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制となっております。必ず事前にご連絡の上、ご来院下さい。