いびきを放置すると健康被害が!

いびきは万病のもと!

いびきは他人が迷惑するだけで、周りが大丈夫というから放置しているって人が結構多いのをご存知ですか?
家族の人や恋人、友達が大丈夫だと言ってくれても、放置して酷くなっていく自分の健康を害することになる場合もあるんですよ。
例えば高血圧、アメリカや韓国の調べでも、いびきをかく人はかかない人に比べて、高血圧のリスクが高いと発表されています。
糖尿病もいびきによっておこったり、悪化したりしますし、心臓血管病も心配です。
もはや、いびきや睡眠時無呼吸症候群がいろいろな病気を引き起こすことは周知の事実となっているのです。

その理由は、いびきや睡眠時無呼吸症候群が起こることで呼吸が妨げられ、空気を十分取り込むことが出来なくなるのです。
つまり酸素が身体に十分入ってこない状態となるわけです。ご存知のように酸素は人間が生きていくうえで、ならないものです。
酸素の量が減ってくると身体のいろいろなところで不具合が起こってきます。疲れが取れない、スッキリしない、日中眠たい、
やる気が出ない、うつ病や不安神経症など心の病気もいびきと関係があるとされています。
もっと怖いのは心臓血管病です。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など命にかかわる病気もいびきが原因となることがあるのです。

そうです!いびきは放置しないで早く治療を開始することをお勧めします。まずは検査を受けていびきの程度、
睡眠時無呼吸症候群の有無などを調べて、次は切らないレーザー治療、ナイトレーズを受けてみてくださいね!

         大阪吹田江坂 カワバタクリニック 院長 医学博士 川端一永
診療時間 日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制となっております。必ず事前にご連絡の上、ご来院下さい。

Copyright© 2017-2020 カワバタクリニック
ALL RIGHTS RESERVED
当日施術OK