治療効果・副作用について

effect

星状神経節ブロックとは

星状神経節ブロックは、交感神経ブロックの一種で、ペインクリニックで最も多く用いられる神経ブロック法です。どうして痛みを鎮めるのに効くのかといえば、1つは、痛みの伝導路を遮断してしまうからです。三叉神経痛(顔面に発作的な痛みを感じる神経痛)であれガン性の疼痛であれ、その痛みの伝わる道をブロックして、痛みが中枢へ通じないようにしてしまうのです。もう1つは、痛みの悪循環を断ち切る作用をします。神経ブロックの特徴は、効果がすぐにはっきりと現れることです。2週間もやってみなければ結果がわからないというような方法、薬物をだらだら使うような方法ではないということです。しかし、星状神経節プロックだけはときに治療回数を多く必要とし、より特有の効果を発揮します。また、それに使用する器具もそれほど高価なものではなく、医療費が高くならず大きな効果が上げられるという、 いわゆる「費用対効果」の効率がすぐれているのも神経ブロック法の特徴です。

麻酔、注射

check

どうしてそんな不思議ともいえる治療効果が得られるのかといえば、これは星状神経節ブロックが、自律神経系の中枢である視床下部に影響を及ぼし、全身的に交感神経の緊張を緩和するからです。

副作用が全くない画期的な治療法

point

具体的な病気の例をあげると、高血圧の人に星状神経節ブロック療法を繰り返していると、次第にに正常域まで血圧が下がってきます。そこでさらに治療を続けていると、血圧が下がりすぎて低血圧になるかというと、そんなことはありません。正常血圧に落ち着いて変動しなくなります。一方、低血圧の人に星状神経節ブロック療法を繰り返していると、次第に血圧が上がって正常になり、さらに続けても高血圧になるようなことはありません。これがこの治療法の際だった特徴の一つで、つまり、治療のいきすぎで症状がかえって悪化するとか、副作用が出るというようなことはいっさいありません。どうしてかというと、これは体内に生じたいろいろな機能のアンバランスをもとの状態に復元しようとする作用、「ホメオスタシス」(生体の恒常性維持)の機能を賦活する治療法だからです。

星状神経節ブロックは、その視床下部に作用して自律神経系、内分泌系、免疫系の歪みを正し、ホメオスタシスを回復させる。体の部分的な修理ではなく、全体的な完全修理をする。全身まるごと療法ですから、さまざまな病気や症状が同時に治ってきて、症状が悪化することがないし、副作用が起こるということがないのです。

自律神経系、内分泌系、免疫系

その他のコンテンツ

contents
診療時間日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制となっております。必ず事前にご連絡の上、ご来院下さい。