皮膚科

Dermatology

カワバタクリニックでは、下記のような疾患に対応しております。

check

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の最高の治療は保湿です。そして星状神経節ブロック療法の併用です。アトピー性皮膚炎に星状神経節ブロック療法は保険適応になりませんから自費になります。でも、アトピー性皮膚炎の人に限って、他の病院では月に一回とか二ヶ月に一回とかの通院で行けるのに、カワバタクリニックでは週に一回も通わないとダメなんですか?と聞かれること多いですが、まず他の病院で治療されていて改善されないからカワバタクリニックに来られるのでは?前と同じ薬を永遠と出すので良いのなら月一回や二ヶ月に一回でも良いですが、新しく治療を変えるのなら、やはり週一回くらいの間隔で通院してもらい、一番患者さんに合った治療法を見つける、それには時間がかかります。また、保湿といっても、一日一回なんかでは足りません。乾いたら塗る乾いたら塗るを繰り返して欲しいので本人の頑張りも必要です。また、保湿だけでダメなケースでは、もちろんステロイド軟膏を使います。そして星状神経節ブロック療法を行うことで、免疫を上げアレルギー反応を抑えることが出来るので、とても効果を上げることが出来ます。

・ステロイドを使いたくない
確かにステロイドを使いたくないという方は多いです。それは「ステロイドを中止して体内の毒素を出そう」などという一般療法が幅を利かせているからだと思います。また、ステロイドは悪いものだという考え方がアトピー性皮膚炎の患者さんには浸透してしまっているので、その様に思われている方が多いと思います。しかしながら、アトピー性皮膚炎以外でステロイドを使っている患者さんや病気は多いんです。ステロイドは必要最小限にする方がベターだとは思いますが、アトピー性皮膚炎は増悪期と緩解期を繰り返します。やはり増悪期はステロイドを使うことを躊躇わない、そして緩解期はステロイドの使用を中止したり減らしたりという、治療にリズムを付ける必要があると思います。また、ステロイドを使いたくないという方は保湿を人一倍行う必要があります。それを面倒くさがらずにやれたらいいのですが、なかなかそれを実行してくれる人は少ないです。

check

水虫、爪水虫

基本的には、水虫かどうか顕微鏡で検査して、水虫と診断されたら、塗り薬、酷い場合は飲み薬を併用します。これらは保険が適応されます。しかし、それでも繰り返す人は星状神経節ブロックの出番です。自費治療になりますが免疫系を強くして水虫に打ち勝つ力を備えることが出来ます。

check

いぼやほくろのレーザー治療

麻酔のクリームを塗って30分ほど待ってもらいレーザーや小さな場合は電気で焼いたりします。綺麗に取れます。料金:大きさにもよりますが、2,000円~5,000円です。液体窒素などで処理する場合もありますが、深く入ったり周りがやけどしたりするのでレーザーまたは電気焼灼をお勧めしています。

診療時間日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制となっております。必ず事前にご連絡の上、ご来院下さい。