院長紹介

doctor
川端 一永 / Kawabata Kazunari
カワバタクリニック 院長
  • 大阪大学医学部非常勤講師
  • 吹田市医師会学術委員
  • 日本補完代替医療学会理事
  • 医療塾塾長

略歴

大阪大学医学部麻酔学教室を経て、平成6年8月痛みの専門医院(ペインクリニック)を開業。
平成7年よりアロマセラピーを神経ブロック療法の補助療法として導入。
平成8年より田水智子皮膚科医とともにアトピー性皮膚炎に400例以上にアロマセラピーを応用する。
平成9年有志とともに日本アロマセラピー学会を設立、初代評議員長を2期4年務める。
平成10年より吉井友季子医師とともに内科領域のアロマセラピーを確立する。
平成12年より伊藤塾で法律を学び出し、それを機に日本アロマセラピー学会を退会。
平成13年患者さんと医者の医者の新しい関係を作る会「医療塾」を発足する。
平成14年日本臨床アロマセラピー研究会をハイパープランツ(株)と協力して発足する。

私は、平成6年8月に、大学病院麻酔科のペインクリニックの勤務医から開業医となりました。 開業医は、重症の痛みを持つ患者ばかり診ていた大学病院時代とは違い、地域に密着しており、たんなる肩こりや頭痛、腰痛などさまざまな症状を訴えて多くの患者様がこられます。 医療機関といえどもサービス業のひとつであり、患者様に満足を与えられなければ、その医療機関は失格です。 患者様に与える満足とは、心と体の満足、つまり、痛みが治って心が晴々としてもらうことです。 しかし、多くの患者さんすべてに満足を与えるのはむずかしく、苦悩の連続でした。 もちろんペインクリニックは万能療法ともいえるほど素晴らしいものですが、 1000人の患者様のうちで1人でも治らない人がいれば、医師は反省しなければなりません。

現代医療だけでは、来院する患者様すべてに満足を与えることに限界を感じたわたしは現代医療を補助するものとして、 香りの療法といわれるアロマセラピーや人胎盤の抽出液を使ったプラセンタ療法などの鎮痛作用を研究し、それらに関する多くの書物も書いてきました。 また、アロマセラピーに関しては、学術団体である日本アロマセラピー学会を立ち上げ、いろいろな活動を行なってきました。 研究や書物に関しては、わたしは痛みの専門家ですので、痛みの治療に関する部分を担当し、 皮膚科領域は田水智子先生に、内科、婦人科領域は吉井友季子先生に執筆をお願いするというスタイルで、本を作ってきました。 なぜならわたしは、痛みの治療を専門に行なっている医師であるという自負を持っていたからです。 患者様にはできるだけわかりやすく説明するように心がけております。

医学は日進月歩で進んでいますが、いままで″痛み″という一症状に対して現代医学、または医師はあまりにも無関心すぎたのではないでしょうか。 それは、原因をとり除けば、痛みという症状は消えると考えられていたからだと思います。 しかし、原因が治っても痛みがとれない場合や、原因が簡単に治らない場合、手術以外に方法がない場合などは、患者さんはどのようにすればいいのでしょうか。 また、現代医療を見限って、鍼灸やあんま、マッサージなどの医療類似行為や日本では認められていない 非医療行為のカイロプラクティツクなどに流れていく患者さんが多い点も、われわれ医師は反省材料として、より一層の勉強をしなくてはならないと思います。 痛みの治療に関しては、薬などを飲む内服療法、湿布や塗り薬、座薬などを使う外用療法などがどの科でも行なわれており、受けることができます。 そしてそれでもダメなら電気をあてたり、牽引をしたりという物理療法、いわゆるリハビリ療法が行なわれ、最終的に手術療法が選択されるという順序で治療は行なわれてきました。 痛みをとるペインクリニックは、これらのどれにも含まれないまったく新しい概念であるため、いままでの治療法に合わない人でもやってみる価値が高く、 一人でも多くの人に知ってもらいたい、そして試してもらいたいと願っています。 また、いままでの治療法と違って優れている面が多くみられます。 たとえばみなさんがいちばん心配される副作用の面から説明すると、内服療法では、肩が痛い場合でも腰が痛い場合でも同じ薬を同じ量飲むため、 ある一定の部位を狙って薬を効かせるわけではなく、大量の薬が必要で、そのために胃腸障害などの副作用も現われてきます。 手術療法も体ヘの侵襲が大きく、すべてのタイプの痛みに適応するわけではないと考えます。

ペインクリニックは、痛みのある一定の場所を狙って治療をするので、使用する薬剤も少ない量ですみ、針を刺すだけなので侵襲も少なくてすむのです。 注射がどうしても嫌いだという人も、1回の注射で痛みがとれるなら我慢してみる価値があるのではないでしょうか。 薬が効いている間は完全に痛みがゼロになるし、薬が切れても、いろいろな効果で元の痛みが戻ってくることが少ないということをお話しさせていただきます。 いままである痛みが治らないものと諦めている人は、 一度試してみる価値はかならずあると思います。
一人でも多くの痛みで悩める患者様が救われることを願います。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
診療時間日・祝
10:00-12:30
15:00-18:00

※完全予約制になっております。 ※土曜日は9:30から診療を行っております。